コラム

【boost-OSAKA】忘年会を終えて思うこれからの在り方

忘年会のため夕方のミナミへ。

ニノが夕日に照らされ微笑んでいます。

誰かさんにさんざん嵐のこと聞かされるせいで勝手に目がいくようになってしまった…

 

買い物しようと思って早めに来ましたが相変わらずの人混みです。

 

今回はこちら

龍の巣 心斎橋本店

龍ノ巣 心斎橋本店 (心斎橋/焼肉)
★★★☆☆3.39 ■【肉屋直営ホルモン屋】 安い!旨い!新鮮!ホンマにうまいホルモンを全てのホルモン狂に& ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

 

ホルモンが名物

 

肉も美味い

 

油かすの効いた肉吸いは今や大阪名物

 

そんな今日は

boost-OSAKAの忘年会

 

sCeneオーナー 下防さん

 

broteオーナー 三好さん

 

napla大阪 (boost支店) 小林さん

 

boost-OSAKA

は撮影活動を通して繋がったプロジェクトチームですが、全員が経営者ということもあり集まるとやっぱり経営的な話になるんですよね!

 

小林さんは業界トップクラスのメーカーさんなので経営者を手厚くサポートしてくださいます。

(カラーの件ほんと助かりました)

 

自分はやっぱりまだまだ若手やから先輩の話はためになります。

“身内として”アドバイスが貰えるこういう機会ってとっても有難いなーと思います。

 

そしてオーナーの苦悩はオーナーにしか理解できない部分が少なからずあります。

オーナーは孤独とよく言われます。

 

プレッシャーとの戦い

人を雇う(人の人生を背負う)重み

組織を成長、継続させる重み

 

継続、そして発展させるためには利益をあげることは必須で

でも1番先にくるのは

スタッフの成長にあわせてそれぞれが活躍できるステージを用意してあげたい!

ってこと。(これはしたぼーさんの言葉。共感)

 

そして

 

うちに限らず従事するスタッフにはなるべく解ってあげてほしいんですよね。

解ってほしいというより(たぶんみんなそんなこと解ってるわ!と思ってる)

 

オーナーや店長、先輩は(スタッフに対して)不安なんですよ

人の上に立つってことは

楽しく過ごしてほしいし、しっかり育ってほしいですから。

 

みなさんに提案

そこでですよ

オーナーや店長、先輩に対して

 

一言「労(ねぎら)いの言葉」をかけてあげるだけで内心とても救われるってこと。

 

言わなくても思ってるよそんなこと。

と思ってしまうそこの貴方。

世渡りヘタクソすぎて心配です。

 

やってるよ。

って方、素晴らしいです。ぜひ継続してください。

 

言葉といっても伝わりにくいかもなので、例えば…

 

「昨日は○○お疲れ様でした!何か手伝えることがあったら言ってくださいね!」

 

みたいな

こういった“言葉”というカタチがあると

「え?なんて?もっかい言って?脳みその深部に今の幸せインプットするから。」

もしくは

「こいつを絶対に幸せにしてやるぞ!」

って思うんですよ!!!

思いますよね?

オーナーさん店長さん…

 

誰かが何かしてても自分には関係のないこと

ってつい思ってしまうかもしれません。

でも

同じ環境にいてたら関係のないことなんてない(間接的に関係している)

はずなんですよ。

 

大人数になればなるほど埋もれます。

そこで特別な存在になるにはどうしたらいいかってちょっと考えればわかるんですがこれがなかなかできないんですよねー

ぼくも苦手でした…

 

そしてこれは直接何かをしてもらった時のお礼とは違います。

お礼はして当たり前レベル。

労うこととお礼はベクトルが違います。

 

ぼくが昔苦手だった理由は

労う=媚び(こび)

がイコールだったんですよ。

媚びをうるのは昔も今もかなり苦手…

てか媚びは売らなくてもいいし売る必要はないとは思ってます。(受け取り方によって意味合いは変わりますが)

労うことと媚びを一緒くただった自分はかなり浅い思考でした。

 

そしてこういったことって美容室に限らず、他業種にもこれは言えるのではないでしょうか?

(会社の体質うんぬんは置いておいて)

 

これから

現代的に考えると

心無い仕事はモノに置き換えられてAIやIOT(それに伴うロボット)に仕事を奪われます。

(モノの方がコスト、人件費がかからないからです)

 

ぼく、わたしはの業界は大丈夫

と思ってしまうそこの貴方。

それを確信できるって凄いことなんですよ。

ほんとにそうだといいのですが…

自分たちには今 想像しえないことがこれからどんどん起こります。(これは確信)

黒電話使ってた時代にスマホを国民の大多数が持ち歩くなんて想像もできなかったはず。

 

モノはなんでも安く手に入る時代

これからそれはさらに加速し

逆に人から受けるサービスの対価は上がると言われています

 

サービスの対価は上がる

ってことは

なんですよ…

 

難しい話すぎてうまく説明できません。

AIに置き換えられるかもです…

 

さいごに

会社、組織では社員をモノ(AIやロボット)に置き換えることをジャッジする人が出てくるかもしれません。

そんな中、置き換えさせない人とはどんな人なのか

それは生産性と大きく関係し

なおかつ

「人を生かす人=コミュニケーション能力」

がとても重要視されそうな気がします。

 

だから先にあげた“ささいなこと”の積み重ねが重要になるのです。

そうならないにしても備えは大事です。

地震の避難グッズ然り。

 

てか

同じ職場の人に気いってももらえないで、ゲストに気に入られるはずがありません。

自分も含め、特別な存在になるには?しっかり考えましょう。

そしてそれを無駄にしないためにも行動に移しましょう。

 

#AIに負けるなマンパワー

 

 

完全に予想とゆうか妄想というか好き勝手書きました。

ほんの少し受け売りもありますがとても大事なことだと思います。

ですが持論も多いになりますのでご容赦を…

文章に起こすのはほんと楽しいです。

忘年会どこいった

そして偉そうに語りつつ我が家に防災グッズは置いてません。

アーメン

ABOUT ME
吉村拓也(よしむー)
吉村拓也(よしむー)
当ブログをご覧いただきありがとうございます。 大阪府枚方市の美容室「Torte-トルテ-」で美容師をしている吉村拓也です。周りからはよしむーと呼ばれています。 ヘアデザインを通してご来店いただいた全ての方が幸せになれるよう日々励んでおり、近隣店舗では珍しい撮影活動を積極的に取り入れ「埋もれないヘアスタイルフォト」をスローガンとし自分の世界観を表現しています。 コンテスト受賞歴、大阪市内や北海道にて撮影セミナー、コンサル等実績多数。作品はInstagramに随時UPしています。 各種お問い合わせはLINE@にて承ります。


〒573-1191
大阪府枚方市新町1-4-10アクアムーン103

072-808-6442

NET予約

大阪府枚方市の美容室「Torte(トルテ)」は京阪枚方市駅から徒歩5分 駐車場完備です
お店の前の道路は枚方宿場町という歴史街道にあたり
静かな落ち着いた環境で大人がリラックスできる空間創りを目指しています

小型サロンながらコンテスト受賞歴や外部セミナー、コンサルティング実績等多数あり
培った経験をスタッフと共有しながらゲストに還元できるよう日々励んでいます

-Personal-
ゲストの話をしっかり聞くことが大事
親身になりその人に合ったお悩み解決へ導きます
-Match-
絶対に外さない”似合う”扱いやすいヘアデザイン

-Illuminacolor-
イルミナカラー=光色
外国人風のくすみに艶が輝くアッシュ系カラー
-Graycolor-
まるでおしゃれ染め
初めから白髪がなかったかのようなクリア発色のグレイカラー

-Damage-less-
ダメージレスに真面目に向き合い
通っていただくことで髪質改善が期待できます

-Anti-Aging-
ミドルエイジからシニアの方へ
“ずっと若々しく”いてもらえる技術アプローチ

-High class-
コスト度外視の本当に良い商材のみを使用しています

長いお付き合いができますことを心より願っております

Torte

A picture of a buried hair style

and more…