コラム

自分の撮影の答えは”ワンダーフォーゲル”

どうも、悩める美容師はこちらです。

最近白髪増えました

*注:今日のブログは自分の考えを一方的に述べてるだけ(そして長いですw)

悩める美容師さんぜひ。

撮影には派閥がある

それは美容室の裏側事情。

お客様には訳がわからない話。

切る

切らない

一般向け

業界向け

パーマだ

アイロンだ

やれ

どうだ

ここで業界の風習なのか否定合戦が繰り返される今日この頃。

FullSizeRender 14

 

カットを見せたければカットすればいい

スタイリングを見せたければスタイリングをすればいい

カラーを見せたければカラーをすればいい

パーマを見せたければパーマをすればいい

1K0A1944-Edit

 

ぼくの主観としては

「ウソ」

をつかなければ何でもいいと思ってる。

20150813-1K0A2475-Edit

 

パーマのフォトコンでも色々感じる部分があった。

あててないけどあてたことにするのは嫌いだ。

ぼくが頭固すぎるのかもしれない。

でも野球のグラウンドでサッカーはどうしてもできない。

テザー-2032-Edit

 

これはよくある話

ヘアカタではパーマと書いてある

でもこれはアイロンで作ったスタイルだからパーマでは無理ですね

どう思いますか。

例えば

自社Webサイトのヘアカタやホットペッパーなどで自分のお客様用にアイロンでパーマ風に作ったスタイルを見てもらい、それがパーマで再現できる前提なのであれば、それはお客様との視覚共有に繋がりとても良い事だとも思える。

それこそデッサン描いて見せるのと近いものがある。

何が良くて何が悪いかではない。

自分以外の美容師が作ったリアルじゃないスタイルに責任は持てない。

これを防ぎたかったら自分の店に他社の作ったスタイルが並ぶヘアカタを並べなければいいだけなのかもしれません。

 

そもそも集客のために撮影はしてないです。(今はホットペッパーにもあげてません)

理由はもっと他にあります。

FullSizeRender 4

 

カットに至っては切れないサロモさんもいる。

人気モデルほどよほどの信頼がないと切れないだろう

なぜか

毎回撮影のたびに切ってたらすぐベリーショートになっちゃう。

切らせてくれる子はよく失敗もされてる。

それで悩んでた子も何人もいた。

とても悲しい事例だ。

でもちゃんと同意の上で高い水準の技術があれば切っても染めても喜んでもらえる。

FullSizeRender 3

 

なにも無理やり切らなくてもスタイリングやカラー、メイクは表現できる。

回数をこなすことで表現力、フォトシューティングも進化する。

そして切ったところで毎回アピールするわけではない。

サロモ=切ってない

は全部には当てはまらない。

何を見せたいのか?にウソが無ければ家でゲームするより、1人でも多く撮影したほうが絶対にいい。

たとえスタイリング(やメイク)だけであっても、お客様の仕上げとリンクすればとても喜ばれる。

もちろんカットがわかってる前提で、ですが。

ブログやインスタをご覧頂いてるお客様はぼくの仕上げを楽しみにしてくれる。

撮影で表現することはサロンで表現することとイコールにすればいい。

撮影で巻きまくってるのにお客様は全員ハンドブローで返すとかはとても出来ない。(それが良い人にはそうするが)

どうしても切らないと作れない、でもこの子で表現したいって時はウィッグを被せて切ればいいだけだ。

とても良いトレーニングになる。

自分の中での答えが見つからない時期、切らないことへの罪悪感を感じた時にこの手法は大活躍した。

さらに言うと男性美容師は特に、女性物の衣装を用意したり、メイクをすることで身につく女性脳もある。

美意識の高いお客様に引けを取らない女子力が身につくはずだ。

それは確実にリピートにつながる。

1K0A1485-Edit-2

 

ぼくはサロモさんがいなければここまで来れなかった。

何年か前にサロモさんを起用するまでぼくもその辺の田舎町のいち美容師だった。

それまではモデルハントなどで素人さんに協力してもらい撮影していました。(この時の恩恵も計り知れません。モデルさんに甘えられずしっかり髪を表現しようともがいてたので。)

※撮影初期から(撮影慣れした)サロモさんだと勘違いも起きやすいから、(デザインよりも可愛い子を撮ることが優先になってしまいがち)上司の言うことはしっかり聞いてマインド的な部分を間違いないようにするべき。

なんやかんやで

気がつけば今や全国に志の高い同志がいる。

予約が取れないお店に成長させることもできた。

だからモデルさんには感謝でしかないし、恩返しもしたいほどなんです。

1K0A2843-Edit

 

仕事でも恋愛でも

「ウソ」

をつくから何でもややこしくなる。

 

自分の撮影の答えは”ワンダーフォーゲル”

登山用語にワンダーフォーゲルという言葉がある。

ワンダーフォーゲル – Wikipedia

ウィキではわかりにくいので解説すると「渡り鳥」という意味合いがあり、登山する人たちとワンダーフォーゲル(ワンゲルとよく言いますね)の人たちは少し違う。

登山との違いは、ワンダーフォーゲルは登山だけじゃなく、キャンプ、釣り、アウトドアスポーツ、様々な山岳活動や野外活動をする人たちを指す。

これを撮影に置き換えたらぼくはとてもしっくりくるんです。

 

登山→撮影(例えばカットだけを追求したフォト)

ワンダーフォーゲル→撮影(いろんな目的があって幅広く表現するフォト)

 

ぼくは確実に後者。

タイミングに応じて サロンスタイルもクリエイティブもしたい。

目的に応じて カットもしたい、カラーもしたい、ヘアメイクもしたい。

なんなら風景写真も好きです。

まさにワンダーフォーゲル。

 

といった物の見方はどうでしょうか。

面白くないですか?

間違ってたらすいません。

でもなんかモヤモヤしてた部分が清々しい気持ちになったんです。

FullSizeRender 5

 

表現したいことは人それぞれ違います。

表現する理由も違います。

そのタイミングでも変わったりもします。

だから

表面的なとこだけ見ず多角的に見れたらと思います。

◯◯だからこう。

では測れない領域で仕事をしたいです。

 

知的ぶってますが、ほんとにぶってるだけです^^;

なんだかバカなりに整理が出来て良かったブログでした♪

だいぶ前に撮った写真引っ張り出してきてますがなかなかいいもんですね。

振り返りつつ、反省しつつ、前向いて頑張ります^^

吹っ切れたついでに白髪染めてもらわないとw

 

IMG_2654

 

前回の求人ブログ

高橋さん、彩ちゃん、芝原さん、高橋てんちょ、徳田さん、押目さん、湯場さん、毛利さん、三好さん、黒川さん、新井さん、世喜さん、石田さん、高瀬さん、北元さん、亜伊希さん、谷垣さん、うっしーさん、木村さん、中川さん

たくさんのシェアありがとうございました!!

優しさに酔いました。

びっくり感謝ですm(_ _)m

ABOUT ME
吉村拓也(よしむー)
吉村拓也(よしむー)
当ブログをご覧いただきありがとうございます。 大阪府枚方市の美容室「Torte-トルテ-」で美容師をしている吉村拓也です。周りからはよしむーと呼ばれています。 ヘアデザインを通してご来店いただいた全ての方が幸せになれるよう日々励んでおり、近隣店舗では珍しい撮影活動を積極的に取り入れ「埋もれないヘアスタイルフォト」をスローガンとし自分の世界観を表現しています。 コンテスト受賞歴、大阪市内や北海道にて撮影セミナー、コンサル等実績多数。作品はInstagramに随時UPしています。 各種お問い合わせはLINE@にて承ります。


〒573-1191
大阪府枚方市新町1-4-10アクアムーン103

072-808-6442

Torteホームページ

大阪府枚方市の美容室「Torte(トルテ)」は京阪枚方市駅から徒歩5分 駐車場完備です
お店の前の道路は枚方宿場町という歴史街道にあたり
静かな落ち着いた環境で大人がリラックスできる空間創りを目指しています

小型サロンながらコンテスト受賞歴や外部セミナー、コンサルティング実績等多数あり
培った経験をスタッフと共有しながらゲストに還元できるよう日々励んでいます

-Personal-
ゲストの話をしっかり聞くことが大事
親身になりその人に合ったお悩み解決へ導きます
-Match-
絶対に外さない”似合う”扱いやすいヘアデザイン

-Illuminacolor-
イルミナカラー=光色
がんばる大人の女性こそが輝くアッシュ系カラー
-improvement-
通っていただくことで髪質改善が期待できます

-Damage-less-
ダメージレスに真面目に向き合います

-Anti-Aging-
ミドルエイジからシニアの方へ
“ずっと若々しく”いてもらえる技術アプローチ

-High class-
コスト度外視の本当に良い商材のみを使用しています

長いお付き合いができますことを心より願っております

Torte

A picture of a buried hair style

and more…